毛穴の黒ずみ対策で洗顔料を選ぶ時のポイントは?

多くの女性が比較的若いうちから悩んでいると言われる、毛穴の黒ずみ。きちんと洗顔をしても、改善されることが少ないものです。この黒ずみには大きく2つの原因があります。

ターンオーバーの乱れによって生まれた角栓が黒ずみを生み出す

毛穴黒ずみ洗顔料

まず代表的な原因として、角栓があります。ターンオーバーの乱れによって排出しきれなくなった古い角質と皮脂が結びついたものです。これが酸化することにより黒くなるのです。
2つ目の原因はメラニン色素です。メラニン色素と言えばシミの原因として、多くの方がその名を聞いたことがあると思います。鼻は顔の中でも紫外線の影響を特に受けやすい部分です。そのためメラニン色素が作られやすく、ターンオーバーでも排出しきれなかったものが沈着をおこし、黒ずみとなってしまうのです。

 

鼻の黒ずみ対策に大切なのが洗顔です。それもただ洗えればいいわけではありません。黒ずみは毛穴の中でできているため、その毛穴に入り込んで汚れを吸着して掻きだしてくれるような洗顔料が必要になります。そのため洗顔料を選ぶ時には、洗浄成分の粒子が細かいものを選ぶようにしましょう。粒子が細かい洗顔料と言えば、竹炭やクレイが代表的なものです。
また酵素洗顔もお勧めの方法です。酵素と言えば色々な種類が存在しますが、洗顔料に含まれる酵素はタンパク質を分解する働きをするもので、角質も角栓もタンパク質でできているので、毛穴の中の汚れを分解してくれるというわけです。そのため、毛穴の黒ずみのみならず、くすみにも効果のある洗顔でもあります。
ただ肌への負担もかかりやすく、頻繁に行えば角質が減りすぎて敏感肌の原因にもなりますので、週に1度程度にとどめておきましょう。

メラニンによる黒ずみにはターンオーバーの活性化を

毛穴黒ずみ洗顔料

またメラニン色素による黒ずみには、美白効果のあるものやターンオーバーの活性化を促進するものがおすすめです。加えて保湿効果のあるものがより効果的です。
肌は加齢とともに水分や保湿成分が失われ乾燥していきます。すると肌内部の細胞と細胞の間に隙間が生まれてしまい、肌のために補った有効成分がその隙間から蒸発してしまいます。せっかく補った成分を無駄にしないためにも、保湿効果もしっかり行い、肌本来の力も改善することがポイントとなってきます。
参照:鼻の黒ずみで使ってみたい洗顔料

 

更にもう1つ注意したいのが、洗浄力の強すぎる洗顔料を選ばない、ということです。既述の通り、重要なのは粒子のサイズであり、洗浄力が強ければ黒ずみが解消されるかと言えばそうではありません。逆にその強い洗浄力が故に、肌に負担をかけてしまったり、必要な皮脂まで洗い流してしまうという悪影響を及ぼす可能性もあります。

 

洗顔料に気を付けるともに、洗顔の際に強くこすらない、熱すぎるお湯ですすがない、紫外線対策をしっかり行うということにも気を付けることが、毛穴の黒ずみを改善するうえで大切なことになってきます.。